SMCN #3 「Oculus QuestとVRコンテンツ開発を知ろう【Questも体験可!】」に潜入してきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルデザイン好房の最初の記事になりますが、イベント参加報告です(苦w) Shimane Motion Control Network(島根モーションコントロールネットワーク)でOculus Quest(オキュラスクエスト)が体験できるということで参加してみました!

Oculus QuestはVR(仮想現実)を見るためのヘッドマウントディスプレイです。価格は約5万円です。さらに6DoFと呼ばれる、体の動きを検出する機能が搭載されています。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E8%BC%B8%E5%85%A5%E5%93%81%E3%80%91Oculus-Quest-%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88-64GB/dp/B07QLRG6M2/ref=sr_1_2?adgrpid=53253132157&gclid=Cj0KCQjwi43oBRDBARIsAExSRQE60ifeY4ySAH2sMSvjDaN9trtSeg3w_uxB2U6P34_UovhveBNNYoMaAjU9EALw_wcB&hvadid=338562247091&hvdev=c&hvlocphy=1009618&hvnetw=g&hvpos=1t1&hvqmt=e&hvrand=10605858468836967048&hvtargid=aud-759377471893%3Akwd-527624275121&hydadcr=3126_11143572&jp-ad-ap=0&keywords=oculus+quest&qid=1560563780&s=gateway&sr=8-2

その特徴はPC無しのスタンドアローンで使うことのできる自由自在に動き回る事ができるヘッドマウントディスプレイです。すごく面白いです!

この先、どんどん発展していくだろうVR技術の最先端を体験しました!

アプリはUnityを使用して作成するそうです! 実際作成の手順も教えていただきました!(自分もUnityちゃんと触らないとなぁ) 目の前でOculus用のアプリケーションがみるみるうちに開発されていきました!

会場には3台のOculus Questがやってきており、一世を風靡したビートセイバーの体験もさせていただきました!

続いての発表は 「Leap Motionを使ったハンドジェスチャー」

Leap Motionとは小型のガジェット(機器)で赤外線カメラ2つを有し、手の動きを検出する機器です! 価格は1万3千円くらい。

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B00E3CP9UM/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_N3fbDbEQA4DVH

どちらかというとVRというより、AR(拡張現実)向けのガジェットだなと思いました。「HTC VIVE Tracker」を使い爆弾の爆風でキャラクターを飛ばすゲームを作成しておられました。

午後の部はまず「ヘッドマウントディスプレイを使わないVR」

続いてが「 VRChatのワールド作成したかった話」

最後に「 VR初心者のQuestレビュー 」

会場の最新情報は以下URL参照してください
https://twitter.com/hashtag/xrshimane?src=has

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*